東京の外壁塗装は業者へ直接依頼する事をオススメする理由

サイトマップ

大きな家

トラブルにならないように

白い家

東京では1日15件も被害相談があるトラブル多いリフォーム業界。どうして外壁塗装の手抜き工事がされるのかと言えば、理由はその斥候に対し時間やお金が一致してないからです。
通常自社職人を抱えている東京の塗装店は宣伝法などノウハウがないところが多くて、豊富な広告力ある工務店に属してるケースが高いです。こうしたお店が仕事をとり、塗装店に丸投げしてるケースが大半なのです。
このとき中間マージンが発生します。通常80万円で施行できる家にたいして中間マージンで10~30%引かれ、悪徳営業店は50%引くところもあります。その費用も当然値段を上げることによりカバーできますが、他者の金額と張り合えません。結局まともな額で施工できないので、その費用にあった施行を無理にするしかないです。
こうした状況は、手抜き工事するしか方法がなくなり、塗装店も自社職人を抱えて1日何もさせなくても給料を払うわけです。リフォーム店は基本個の中間マージンをしっかりした施工ができることを前提に考えるのが大半ですが、営業店は自社利益しか考えてないところが多いです。
折角あなたも貴重な財産を使い外壁塗装をするので、余計な部分はお金を払いたくないはずです。東京の塗装店に直接依頼してみるのが、一番手抜き工事が起きにくいです。こういったことを外壁塗装で注意しましょう。

Copyright © 2017 東京の外壁塗装は業者へ直接依頼する事をオススメする理由 All Rights Reserved.